今治東中等教育学校の魅力      
               
    これは成27年6月21日(日)に行われた学校説明会で、参加者の方々にお話しした内容です。      
               
     小学生であるみなさんにはこれから色々な可能性に満ちた未来が待っています。
 私たちの今治東中等教育学校が、あなたの未来の可能性を大きく開くための、お手伝いをさせてほしいと思います。
 
               
     この地図は、現在、本校で学んでいる生徒の出身小学校を示したものです。今治東中等教育学校はこの赤い星印の場所にあります。
このように今治市内だけではなく、隣りの西条市はもちろん、新居浜市四国中央市からも通っている生徒がいます。
 本校は東予地区にある唯一の県立中高一貫教育校なんです。前期課程、つまり中学校3年間は、西条市から出ているスクールバスを利用することができます。西条駅を出て、周桑地区を通って、今治市の北のほうを回って学校へ着きます。 このように遠くからでも本校に通う生徒たちがいるのにはわけがあります。その魅力とは何かを御説明します。
 
               
     1つめは「6年後の進路を見通した計画的な学び」ができるということです。
 2つめは中学生と高校生が力を合わせて学校行事を行うということ。
 3つめは6年間続けて部活動ができるということ。
 4つめは、本校ではグローバル社会に対応できる力を身に付ける取組をしているということ、です。

 これから、この4つの魅力をひとつずつ説明していきたいと思います。

 
               
     まず、本校では中学校で高校の学習内容を先取りしています
 これは中学校高校の学習のイメージです。
中学校に比べて高校に入ると、学習内容も急に難しくなり、速度も速くなります。
 しかし、中学校は3年生の卒業までを使って、この青い部分の学習をしているのではありません。高校入試があるので、学習内容は3年生の2学期で終わります。
 3学期は高校入試のための勉強をしているのです。

 
               
     しかし本校はこの部分に高校の内容を先取りします。そのことで少し段差が緩やかになります。
  中学生から高校生になった時のギャップが軽くなって、スムーズに後期生としての学校生活をスタートすることができるというわけです。
 このことは、高校3年生になったときにも、大学受験などに良い影響をもたらすことができるはずです。
 
               
     2つめに、本校では高い目標を持っていわゆる難関大学への進学を目指す生徒のための「特別講座」を開設しています。
 1学期の終わりに、3年生に呼びかけて希望者を募っています。参加条件は意欲のみ、その時点での学力は問いません。これは、今年の3月29日付けの朝日新聞で紹介された本校の特別講座に関する記事です。
 生徒は「赤ファイル」とよばれる生活記録を提出します。自分で学習計画を立て、それに基づいて家庭学習を行います。その内容や組み立てを教員がチェックしてアドバイスをしています。春休みには学習合宿を行いました。
 
               
      3つめは、「大学訪問ツアー」です。前期課程3年生(中学3年生)以上の生徒を対象に参加希望者を募って行っています。

 目的は雑誌やネットなどを通じてではなく、実際にそこへ足を運んで「本物にふれる」ということです。昨年は京都大学・大阪大学・神戸大学に行きました。
 インターネットで見たり、調べたりしても実際の雰囲気はなかなか分かりません。実際に、その大学へ行って、見たり、聞いたり、感じたりすることで、進路目標を明確にすることができるきっかけとなるよう期待しています。


 
               
     4つめは、各種コンテストなどへ早くから積極的に参加することです。学力が問われるコンテストにはたいていの学校は高校2年生以上が参加するのですが、本校では、中高一貫教育校の利点を生かして、前期課程の時から準備をすることによって、高校1年生から参加することが可能になります。

 この写真は、昨年、愛媛大学で行われた高校生サイエンスチャレンジの様子です。このような積極的なチャレンジで、生徒は興味・関心を高めるだけではなく、早くから将来の進路を考える機会を得ることもできます。
 
               
     5つめは、同世代の若者で、その分野の第一線で活躍している人、いわゆるトップランナーと呼ばれる人を招いての講演です。中学3年生からの参加としていますが、特に希望がある場合は、1・2年生の参加も認めています。
 講演というと大学の先生を招いたりしますが、昨年度は、22歳にしてすでに7本もの論文が国際学会で採用されている人に講師として来ていただきました。講演の中で生徒たちは、世界最先端の眼鏡型コンピュータに触らせてもらいました。
 講演は、「現在取り組んでいる研究」について話されたあと、「国際学会の様子」に話が及び、最後に「高校時代・中学時代にやっておくべきこと」を話していただきました。  講演を聞いた中学3年生の一人は、「すごくやる気になりました。」と話していたそうです。
 
             
  10    2つ目の魅力は、中学生と高校生が力を合わせる学校行事です。  「修学旅行」などの学年ごとに行う学校行事もいろいろありますが、ここでは、全校生徒6学年が一体となって行うものの中からいくつかを紹介します。
 
               
  11    と言えば入学式です。

 式の最後に、2年生から6年生までが、新入生に歓迎エールを送ります。
 教室の飾り付けも、上級生が行っています。入学したその日から、6学年一緒の行事で学校生活が始まります。
 
               
  12    と言えば高校野球です。

 本校の野球応援は独特なもので、定評があります。平日、今治球場で試合が行われる場合は、全校応援を行います。中学1年生から高校3年生まで全員が心を一つにして、母校愛を込めて熱い応援をします。
 
               
  13    は何と言っても運動会です。

 1年生から6年生までが、4つのグループに分かれて競い合います。これは4つのグループの中のあるグループが作成したパネルの前で応援を行っている様子です。  
 人物と比較すると、パネルがどれくらい大きいかがわかっていただけるでしょう。
 
               
  14    運動会ではさまざまな競技が行われます。
 左上のものは1年生です。ちょっとかわいいですね。
 右上は後期課程の生徒です。笑顔がはじけています。  左下は、1年生から6年生までの男子生徒が行う競技です。ヘルメットをかぶって棒にしがみついているのが1年生。それを持って必死で走っているのが高校生です。中高一貫教育校ならではの種目です。  
 閉会式では、右下の写真のように、成績発表と表彰が終わると、それまで別々のグループで競い合っていた生徒が一緒に肩を組んで、全校で校歌を声高らかに歌います。そんな素晴らしい1日です。  
 
               
  15    同じく秋の文化祭

  爆笑のステージや、部活動の出し物の紹介。レベルの高い展示や、土曜夜市のような店がでます。笑顔いっぱいの1日です。
 
               
  16    そして、寒い冬を乗り越え、再びがきて卒業式。

 6年間ともに過ごして築いた絆は、生徒同士はもちろん、教職員との間においても、たいへん強いものとなります。
 6年生のクラス担任が生徒の名前を一人一人呼んでいきます。卒業生も、在校生も、そして教員も、多くの者が涙を抑えることができない素敵な卒業式が行われます。
 
               
  17    魅力の3つ目は、6年間続けて部活動ができることです。

 みなさんの地元の中学校では、中学3年生の総体が終われば、部を引退します。そして半年以上のブランクを経て、高校入学後に部活動を再開します。
 
               
  18    これは昨年度から、現時点(平成27年)までに全国大会・四国大会という上位の大会に選手が出場した運動部です。
 後期課程のサッカー部は、プリンスリーグという四国リーグに参加しています。また、前期課程のサッカー部は先日行われた今治・越智の中学総体でみごと優勝しました。
 ソフトテニス部。陸上競技部は男女ともに昨年度、全国高等学校総合体育大会、いわゆる、インターハイに出場しました。右端の写真でハンマー投げをしている陸上競技部の人は四国チャンピオンになった人です。
 下の数字は部員数です。例えばサッカー部は前期課程と後期課程を合わせると140名もの部員がいます。
 
               
  19     ハンドボール部は、昨年度、前期課程が全国中学校総合体育大会でベスト8に入りました。
 後期課程は先日行われた県総体で5年連続となる優勝をはたし、今年も全国高校総体に出場します。
 なぎなた部は、昨年度国体で3位、この春の選手権では全国で準優勝という見事な成績を残しています。今年度も、県総体で団体、個人で優勝し、全国高校総体に出場します。
 ほかにも、昨年は水泳部、アーチェリー部が全国大会に出場しています。アーチェリー部は今年、県総体の個人で優勝し、全国高校総体に出場します。
 
               
  20    文化部の活動も盛んです。  吹奏楽部はコンクールでも優秀な成績をあげています。また、毎年8月に今治市公会堂で定期演奏会を行っており、多くの音楽ファンを楽しませてくれています。

(このポスターは昨年度のものです。今年は8月12日に行います。入場無料です。ぜひご来場ください。)
 
               
  21     文化部では他に美術部、写真部、書道部などが高い評価を得ています。  また、競技やコンテストのないボランティア部(VYS)なども活発に活動しています。
 
               
  22     魅力の4つめは、グローバル社会(国際社会)に対応できる能力を育てる取組です。
 
               
  23    その取組の1つめは「英語セミナー」です。生の英語にふれる絶好の機会となっています。   毎年6月、今治市内のホテルを利用して、1泊2日で実施しています。入学したばかりの1年生(中学1年生)でも希望すれば誰でも参加できます。
 参加者は中学生がほとんどですが、中学1年生から高校生まで、誰でも楽しむことができる内容です。ALT(外国人の教員)が例年、県内各地から10名程度参加して、活動の協力をしてくれています。毎年参加している生徒も少なくありません。
  
 
               
  24    2つめは「国際理解セミナー」です。
 これは、愛媛大学国際連携支援部の協力を得て、愛媛大学で1泊2日で行っています。
 参加者は高校生が中心ですが、中学生でも英検3級以上の英語力を持つなど、高校生と同等の力とやる気があれば、参加が認められます。本校では、「中学生であっても実力があれば大学で学ぶチャンスが与えられるわけです。国際的視野を広げるための大きいチャンスです。
 少人数の班に分かれて、世界各地から愛媛大学に来ている留学生と交流し、発表を行います。

 
               
  25    これはこの国際理解セミナーで最優秀に選ばれた班の発表の様子です。
 彼らが最優秀に選ばれた理由をドイツ人留学生が次のように述べています。
「発表内容はどの班もよかったが、彼らは、3つの点で優れていた。①班員全員が大きな声で発表したこと。②ほとんど手元のペーパーを見ずに話したこと。③スライドの説明だけではなく、観客に語りかけたり、寸劇を入れたりと工夫をいくつも入れていたことです。
プレゼンはいかに相手を引きつけるかが一番大切です。」
 このことを直接外国の人から聞くことで、参加した生徒たちは世界で通用するプレゼン能力とは何かを知ることができたと思います
 
               
  26    3つめは、ALT、つまり外国人教師による交換日記です。
 本校にはALTがいつも学校にいます。写真は、ALT手作りのメールボックスと、ある日、その中に入っていた生徒からの手紙です。
 手紙の中には、レベルの高い高学年生徒のものもあれば、たどたどしい1年生のものもあります。
 英語を学び始めた1年生でも、「英語ができるようになりたい」という希望がかなえられる環境が本校は整っています。
               
  27  
 4つめは、前期課程の生徒たちが参加するスピーチコンテストです。
 1年生は日本語で、2、3年生は英語で行います。クラスで予選があり、予選を勝ち抜いたクラスの代表が全員の前で発表します。
 これは、中学2年生の部で優勝した生徒の写真です。
 その様子のビデオを少し御覧ください。

 
←写真をクリックすれば動画(wmv)が開きます。 
 
               
  28    ここまで、本校の魅力と具体的な取組をご紹介してきましたが、最後にもう一つ、どうしてもお伝えしておきたいことがあります。
 それは、本校の生活指導についてです。
 
 本校では、教職員が温かい心をもって、一丸となり「毅然とした生活指導」を行っています。これは、生徒のみなさんに「規律ある生活」をおくってもらうためです。 人は「規律ある生活」を送ることができれば、「自律心が育ちます」。


 
               
  29    グローバル社会と呼ばれる現代の社会において、多様な文化的背景や価値観を持っている外国の人たちも含めて、さまざまな人たちとともにたくましく生きていくためには、この自律心が必要です。「自分自身をしっかりコントロールする心や力」が不可欠です。
 本校では、このことを生活指導の中心理念として日々の教育活動に取り組み、生徒たちが「落ち着きと規律ある学校生活」を送ることができる学校となっています。

 今日は、その点もご自分の目で確かめていただけたらと思います。 
 
               
  30       気候の良い秋に皆さんが本校の教員による授業を受けていただくことのできる体験入学会を実施します。
 今年は、10月3日(土)11月7日(土)です。

 今治市とその近郊の小学校5,6年生の皆さんには、9月の初めに小学校を通じて御案内をお渡しいたします。
 また、本校のホームページでは、8月の下旬にお知らせの記事を載せる予定です。
ぜひ、御参加ください。お待ちしております。
 
 
               
               
    TOP