平成28年度スピーチコンテストの様子      
             
   平成29年1月27日(金)、少年式に続いて、1~3年生のクラス代表生徒によるスピーチコンテストが行われました。
1年生(中学1年生)は日本語で、2、3年生(中学2,3年生)は英語でスピーチを行います。
 
             
       
  クラス代表としてスピーチに臨む生徒たち   司会進行も生徒が行います   1年生は日本語で行います    
             
           
    2年生からは英語です   
             
             
           
             
           
           
   ALTによる模範スピーチ    表彰   校長が一人一人のスピーチに対して講評を行いました。   
             
  2年生で最優秀に選ばれた生徒のスピーチ原稿

                                         My Future Dream

 “Failure is to give up, not taking on the challenge, to give in to fear and miss opportunities.” This quote was said by Fernand Torres. He is my favorite soccer player. I broke my back when I was playing soccer last summer. The incident took soccer away from me. It was a big impact on my life. With the help of Torres’s words, I did rehabilitation and recondition my body once every week. This helped me imagine my future. I thanked the people who help me heal my weakened body and I want to return the favor to the injured. My future dream is to become a sports physician.
 There are some important steps for me to make my dreams come true. First of all, I think it’s important to get a good education. There are not many people around me who like to study. But I am going to study hard. Studying hard will help me achieve my goal. I have been exposed so much that I have become interested in learning English. I have been leaning English since I was four years old and I went to the United States twice. That’s why, I want to make my dream come true in America. It’s important for me to study English and medicine. I’m making a speech in English right now but I can’t speak English very well. I’m not good at speaking English better than speaking Japanese because I am Japanese. But I’ll study English harder and someday I hope that I can speak English better than Japanese.
 The second is kindness. There are mainly two people helping me to heal my back problems at the sports clinic. They are the director and a physical therapist. The director is very strict. Even though he’s strict, I can feel gentleness and kindness. He was strict with me, but that’s because he was thinking of me. In other words, you can be strict because you’re thinking of the person dearly. The physical therapist, who takes care of me, is an experienced soccer player. He would always talks about soccer when he helped me with my rehabilitation. Therefore, when I was with him, my anxiety and pain went down. They healed my weakened soul and body with strictness and kindness.
 One day my mother told me, “Good things will come if you are patient.” I was able to find what I want to do in the future because I got injured. “Failure is to give up, not taking on the challenge, to give in to fear and miss opportunities.” With these words in my mind, I want to overcome everything and achieve my dreams.

                                         私の将来の夢

 「失敗とはあきらめてしまうことであり、挑戦しないことであり、恐怖に屈してチャンスを逃してしまうことだ。」この言葉は、私の憧れのサッカー選手、フェルナンド・トーレスが語った言葉です。私は去年の夏、サッカーをしている時、腰を骨折しました。その事故が、私からサッカーを奪い、私の人生に大きな影響を与えました。トーレスの言葉の助けによって、私は週1回のリハビリと整体に取り組みました。このことが、私の将来を想像させるものになりました。衰えた体を回復させてくれる人々に感謝しつつ、私もまた傷ついた人々を元気にしたいと思いました。私の将来の夢はスポーツドクターになることです。
 スポーツドクターになるためにはいくつかの重要なステップがあります。まず第一に、学力を付けることだと思います。勉強が好きだという人は、私の周りにはそれほど多くはいません。しかし、私は一生懸命勉強します。学力をつけることは、私が目標を達成するための手助けとなります。たくさんの関心ごとに触れるうちに、私は英語学習に興味を持ちました。私は4歳から英語を習い、アメリカに2度行きました。その理由から、私の希望としては、アメリカで自分の夢を実現させたいのです。医者になるための勉強はもちろん、英語の勉強も私にとってはとても大切なのです。私はこのような場所に立ってスピーチをしていますが、英語は全然話せません。当然日本人なので英語より日本語のほうが得意です。しかし、たくさん勉強して、いずれは英語の方が日本語より得意になりたいです。
 第二に、優しさだと思います。私の通う病院では、主に二人の医師、院長と理学療法士の治療を受けています。院長はとても厳しい方ですが、その厳しさの中に優しさがあふれています。私のことを思っての厳しさだと思います。つまり優しいから厳しいのです。私の治療を担当する理学療法士さんはサッカーの経験者です。彼はいつもサッカーの話をしながら僕のリハビリをしてくれました。一緒にリハビリをしていると、不安も辛さも少なくなりました。弱った心と体を、厳しさと優しさで癒してくれました。
 ある日私の母が「我慢の先には何かが見えてくるよ。」と言いました。私は我慢をしたことで将来の夢を見つけることができました。「失敗とはあきらめてしまうことであり、挑戦しないことであり、恐怖に屈してチャンスを逃してしまうことだ。」この言葉を胸に、色々なことを乗り越えて夢に向かって行きたいです。

 
             
   back       Top