第9回卒業証書授与式      
     
  平成29年3月1日(水)、第9回卒業証書授与式が、多数の来賓の方をお迎えして挙行されました。  
             
       
    吹奏楽部の荘厳な演奏の中、卒業生が入場     開幕演奏の終了と同時にステージの緞帳が上がりきりました  
             
       
  卒業証書授与。担任が一人一人の名前を呼び、しっかりと返事をして起立していきます。  
             
         
   代表生徒への卒業証書授与   賞状授与    
       
           
             
             
    校長式辞    
             
         
  愛媛県知事祝辞        来賓祝辞  
             
           
     式の開始と終了の時以外、号令は一切かかりません。生徒が自分たちで起立、礼をして着席します。      
           
             
      在校生代表送辞         
             
             
       卒業生代表答辞     
             
             
      校歌斉唱    卒業生退場     
             
  答辞より           
   こんなにも未熟な私たちを誰一人として見捨てることなく、最後まで面倒を見てくださった先生方に出会えた私たちは幸せ者です。私たちと真剣に向き合い、育ててくださって本当にありがとうございました。
 そして、一番近くで支えてくれた両親に、この場を借りて感謝の気持ちを伝えます。お父さん、毎日朝早くから夜遅くまで家族のために働いてくれてありがとう。お母さん、毎日制服を洗濯してくれたり、早起きしてお弁当を作ってくれたりしてありがとう。今までしてもらっていたことは当たり前のことではありませんでした。それなのに私は親のありがたみに気づかず、反抗ばかりしてたくさん迷惑をかけてきました。だから私が大人になって就職したら、ここまで育ててくれて、夢を応援してくれる両親に必ず恩返しをします。私たち九期生を支えてくださったすべての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございました。
 私たちは今日、この今治東を卒業します。そこで在校生の皆さんに伝えたいことがあります。時間が過ぎるのは思っている以上に早いです。振り返ってみて「やればできたかも」と後悔するのではなく、今しかできないことに全力で取り組み、最後には「やれるだけやってみた」と思えるような学校生活を送ってください。そして、陰で応援してくれている方々が居るということを忘れず、感謝の気持ちを持ち続けていてください。
 
             
  TOP     Back