えひめ学力向上チャレンジハイスクール事業        
             
 
 「えひめ学力向上チャレンジハイスクール事業」とは、「新学習指導要領」の実施を見据えた、先行的な実践研究に取り組む学校を支援する愛媛県教育委員会の事業です。

 新学習指導要領の「外国語編」には、「生徒が英語に触れる機会を充実するとともに、授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする。」と記されています。「英語教育のコペルニクス的転換」とも言われる内容です。

 しかし、地方に住む生徒は、授業以外では英語を使う機会がほとんどなく、要領に掲げられている「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成」が図りにくい現状があります。

 そこで生徒に英語でのコミュニケーションを図ることが必要となる環境を提供することによって、「コミュニケーション能力」向上への意欲を高めさせたいと考えました。

 そして、「地方公立学校生徒がグローバル化に対応するためのコミュニケーション能力の育成」を研究主題として企画書を提出し、 平成25年度から3年間の実践校指定を受けました。

 平成25年7月31日~8月1日に実施した愛媛大学との提携による「国際理解セミナー」は、その最初の取組です。

 今後、生徒の言語活動を充実させるために様々に企画を実施していきます。
 
             
             
             
             
             
  TOP