「学校感染症」の出席停止の取扱いについて   
     
   学校での集団感染予防のため、「学校保健安全法」により出席停止となる可能性のある感染症(裏面参照)と診断された場合は、速やかに学級・HR担任まで連絡の上、次のような措置をとってください。   
     
  (例)インフルエンザ、麻疹、流行性耳下腺炎 等
 前期生・・・保護者が署名する罹患届を提出してください。
 後期生・・・証明書(診断書)を提出してください。 
 
     
  (例)溶連菌感染症、流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)等
 前期生、後期生・・・証明書(診断書)を提出してください。 
 
     
  証明書(診断書)(pdf)はこちらからダウンロードできます       罹患届の用紙(pdf)はこちらからダウンロードできます   
     
  出席停止とするかどうかは、学校長が判断します。    
     
     TOP