カテゴリ:6年生

選挙に行こう!

今週末は衆議院議員選挙の投票日。

6年生の中には18歳として初の国政選挙に臨む者も。

今日の世界史の授業のテーマは「帝国主義時代のアジア諸国のレジスタンス」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オスマン帝国で、アジア初の快挙を逃した(露土戦争の開戦により施行されず、日本の大日本帝国憲法に先を越された)ミドハト憲法が「青年トルコ」の力で「復活」した話や、カージャール朝で、立憲革命がおきたもののも英露の干渉(=英露協商)に遇って挫折した話をしました。

共通点は、混乱期にあった両国の民衆が、指導者に社会の変革を委ねることなく政治に直接参加して自分たちの手で社会を変えようと意気込んでいたことでしょうか。

選挙権を持った6年生の皆さんには、しっかり自分で各党・候補者のマニフェストを確認するなどして投票日を迎えてほしいと思います。