メインメニュー
東校日記 カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
東校日記カテゴリー
東校日記 月別過去ログ

2018年11月30日(金曜日)

これは誰?

カテゴリー: - tawashi @ 18時53分02秒

流木を組み合わせて作られた吊られた人型。作品名は【もう一人の自分】。……これは、いったい誰なんでしょうか?
そもそも何なのでしょうか?

mouhitorinojibun ni-da&hiratuka.jpg

これは美術部の4年生が力を合わせ高等学校総合文化祭に向け作った作品です。自分たちで材料を拾い集め、
人の形に見えるように組み合わせ作りました。
日本には昔から「見立て」という文化があります。例えば、京都のお寺にある枯山水は岩を見て山を想い、砂の
波紋から水の流れを感じます。落語では扇子が煙管に見え、時にはうどんをすする箸に見える。つまり、何かを
他のものになぞらえて表現し鑑賞することが見立てです。私たちは本来見えないものをそこに見ることができるの
です。
どうでしょうか?だんだんこの流木の集まりが足や手や顔に見えてきませんか?

この作品も今治市河野美術館にて開催する「東校展」での展示を予定しています。
お時間がありましたら是非生徒たちの力作を見にいらしてください。

12月22日(土)から12月24日(月)の9時から17時まで(最終日は14時30分まで)開催予定です。


2018年11月29日(木曜日)

何の秋?

カテゴリー: - tawashi @ 19時33分10秒

 日に日に寒くなります。読書の秋、食欲の秋、そして、芸術の秋ということで、今日は浮世絵のお話を。
江戸時代の市民娯楽の一つに浮世絵というものがあります。有名な浮世絵作家のなかに「東洲斎写楽」と
いう人物がいました。
とても人気のある作家でしたが、すごいのは活動した期間の短さと作品数です。
約10ヶ月の間に145点もの作品を世に残した謎の大作家です。

そこで、三年生美術の授業で「写楽」を題材に作品を作りました。

sakuhin1.JPGsakuhin2.JPG

sakuhin3.JPGsakuhin4.JPG

 12月22日(土)から12月24日(月) 今治市河野美術館にて開催する「東校展」での展示を予定しています。
ほかにも前期授業作品、後期選択生徒作品、部活動作品など展示します。
もちろん、美術だけでなく書道、写真、食物・被服、文芸、VYSも出品します。
お時間がありましたら是非生徒たちの力作を見にいらしてください。

時間は9時から17時まで(最終日は14時30分まで)です。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立今治東中等教育学校